little trip(跡地)

ぬるっと生存記録

カテゴリ: やきう

福原引退試合に行ってきました。

阪神を応援してきて、そろそろ30年。
物心ついたときには暗黒時代で、
一瞬のきらめきが92年前後で、
そこから再度の暗黒で。
多感な少年時代に最下位の連続は辛かったわけですが、
その分、その時代の選手には思い入れも強うございます。


どこまでを阪神の暗黒時代と定義するかは若干、意見が分かれそうですが、
個人的には2001年のノム政権までが暗黒時代と思っています。
というわけで、安藤は暗黒戦士ではなく、福原が最後の暗黒戦士。最後の功労者。
そんな選手が引退するとなれば、それは現地に行かないと。
2000年あたりの巨人戦だったと思うけど、
150キロのストレートで打ち取ってるのは本当に感動した。


というわけで、きちんとお見送りをしてきましたよ。
僕より年上のお姉さま方が多く泣いていましたが、気持ちは同じでした。
巨人ファンからみるとクソ試合だったのに、少なからず巨人ファンも残っていて、
なんだかほっこりした一日でした。
野球っていいね。

寝る間を惜しんで、パワプロやってます。

栄冠ナインをプレイしてるのですが、
止めどきが見つからない中毒性がすさまじい。
一応、ゲーム内に区切りはあるものの、
それを通過してもズルズルと進めてしまう。
奥様に、ちょっと申し訳ないw


かつての調教ゲーのように、登場人物の数字いじりゲーが大好きなので、
狂ったようにプレイしています。
特に酷かったのが昨日と今日。
 
24時に帰宅して、そこから3時半までやる。
そのあと4時間だけ寝て7時半からやる。

これは30代既婚者のプレイスタイルじゃないな・・・。
ちゃんと寝て、家事もちゃんとしようw

 

久々に阪神の開幕戦に行ってましたよ。

ここ数年、鯉色空模様とか言って、広島の開幕にも行ったりしましたが、
今年は阪神しか見えてなかったし、やはり自分の本質は阪神ファンらしい。
FAと高齢化による閉塞感が、監督によって打ち払われて、
ワクワクする期待感が今年にはあります。

チーム事情的に、クソ采配やらクソミスも出てくるだろうけど、
監督はモチベーターとしては優秀そうな雰囲気もあるし、
若手ニーができて、面白い試合が見れたら、最下位でも満足できそうな感じ。
去年みたいに、戦力をやりくりしつつ、地味に僅差で勝つのもいいけれど、
今年は大味でもいいから、色々と頑張って欲しいところ。


開幕3連戦のチケットは全部取るべきだったなあ。
ちょっとだけ後悔w



 

今年、初めての甲子園
結果は4-1での快勝。
見てて安心できる試合でした。
天気も程よく曇っていて、
同行者の奥様も、これには日焼け止めがいらなかったとニッコリ。

試合もチェンテも歌えるし、ノーアウト満塁から三者残塁に抑えるなど、
適度なカタルシスもあって、楽しい試合でございました。
これで今年のやきう戦績も4-1となって、
近年、見たことのない好成績を収めていますw
次は来月。どうなるかなあ。

職場に新しい人が来たのです。
こんな年末に・・・と思われそうですが、
1月からは戦力になってもらうための思案の策でございます。
1週間で職場に慣れていただき、年明けから激戦地へ投入するのです。


その方の履歴書を読んでいると、どうも広島の出身のご様子。 
さっそく僕は聞いてみたのです。


「カープ女子ですか?w」 

答えはイエス。
周りに広島ファンがいなかったので、結構な勢いでテンションが上がる。
嬉しい、実に嬉しい。 
「菊池の守備範囲は異常」みたいな話ができるじゃん。


しかし、その期待はそこはかとなく裏切れた。
続けて予想もしない発言をされたのです。



「わたし、スラィリー萌えなんですよー」


やきうが詳しくない方に申し上げると、
この「スラィリー」とは、決して外国人選手の名前ではありません。
広島東洋カープ公式のマスコットキャラクターなのですが、
何を考えてデザインしたのか分からないレベルで、実にキモイのです。
俗に言うゆるキャラとは縁遠く、可愛いとか萌えという感性とは180度反対。


では、ここで管理人撮影の参考画像をご覧ください。


(参考画像)
IMAG0327_BURST002



これを萌えと言われると、萌えという概念に対する冒涜の気がするwww
その上、やきうの話があまりできなくて、わいカープ男子は無事死亡。
うーん、この・・・


・コメントとか
遅ればせながら結婚おめでとうございます 
とはいえ、結婚は始まりにすぎませんので・・・ 
一日一日を積み重ねて、幸せを継続していくことが大事だと思いますので
(結婚8年目のペーペーですがw) 
守るものも出来た(むしろ守られる方かもですが、)ので、
自分だけを大事にするんじゃなくて自分のことを大事にしてくれる人のことも大事にしてくださいね
ありがとうございます。
まあ、まだスタートラインにも立っていないので、実感も薄かったりしますが、
人生の先輩達のアドバイスを参考に、生活していきたいと思っています。

まあ、世の中、なるようにしかならんと開き直っていますw

↑このページのトップヘ