little trip(跡地)

ぬるっと生存記録

2015年08月

人生、32年目。
大分と体もダメージが蓄積して、
肩こりという概念を理解できるようにもなり、
長時間運動すると、体力よりもヒザが先に悲鳴をあげるお年頃。
そこに新婚生活-家事負担-というもの加わりました。

僕より若い奥様も、日々の仕事で疲弊していて、
アロマのオサレマッサージ屋に二人で行ってきました。


お店に着くと、そこは僕には似合わないシックなオサレ空間。
「お帰りなさいご主人様」 という茶店を、思いっきり洗練させたらこうなるか?
いや、なるわけがない。なれるわけがない。なれるかっ。
客層も女性が中心で、奥様と一緒じゃないければ、間違いなく僕は不審者。
結婚ってすごいw


奥様が手続きを済ませると、間接照明の薄暗い施術室に案内され、
アロママッサージ用の着替えを渡されます。


ただ、ここが問題。


その着替えは女性用パンツ(使い捨て)でした。


厳密にはショーツと呼ぶのか?
いや、そんなのはどーでもよいのです。
人生で初めて女性用のパンツを履くのは、自分の尊厳との戦い。
男として生をうけ、ふつーに男として育ってきた僕にとって、
このヒラヒラの布切れを、下半身にまとうのは非常に抵抗が大きい。
しかも、その姿を数分後にマッサージ師のおねーさんに見られることが確定している。
ぶっちゃけ恥ずかしい。


ま、ドMなんで、この抵抗感もある意味スパイスの一つ。
嫌よ嫌よも何とやら。
何だかんだ言って、履いたんですけどねw


ちょっと目覚めそうになったかもしれませんwww

結婚生活が始まり、半分ぐらいの日々は僕が夜ご飯を作っております。
3ヶ月前までは米すら炊けなかった僕ですが、
それでも何とか生活できています。

こうなると次は生活環境の向上をさせたく、
具体的には食生活の改善をしたい。
どうしても炒め物が中心で、お互いに好きじゃない煮物は基本食べない。

たまに煮物の惣菜は買っているものの、あまり野菜が取れていない感じ。
どうしたらいいのかなあ。

奥様が高校友人との飲み会に、お出かけになられました。
出発前には、「浮気してくるわ」とか言い残してw


その言葉を、いつものツン台詞と聞き流し、
「いい夫」という拘束具から開放され、自由行動を行う。
目的は、ヒトカラだったり、 ゲーセンだったり、ヲタショップだったり。
 
そして、数ヶ月ぶりに日本橋にたどり着く。
休日の日本橋は、ラブライバーやらメイドさんが闊歩する街で、
ご無沙汰な僕を優しく迎え入れてくれたような気がする。
エスカレーターに乗り、 祖父地図のエロゲフロアへ。


(エロゲを)やるやる詐欺を続けてきている僕だけど、
そこで、一つのことを思ったんだ。
 

サクラノ詩だけはやろう。 


ここしばらく、全く情報を入れてなかったから、
発売するということ自体が信じられず、我が目を疑ったけれど、
このゲームは、自分のエロゲ人生を彩る上で、やらきゃだめっしょ。


だから、誰か箱を預かってくれない?www



エロゲの箱は捨てられないコレクター気質の僕ですw 
すでに実家の幾つかは奥様に見られていますwww 

最近、家事というタスクが増えたせいか、
どうも忘れ物が多くなっています。
例えば洗濯物。
後でやろうと思ったまま、干すのを忘れて出勤したり。
例えば結婚式の後始末。
アルバムの校正を完全に忘れていたり。

加齢が原因ではないと信じたいけれど、
やらかしが色々とあって、いやんな感じ。


中でも酷いのが先日。
高校メンバーで桃鉄をやろうという話が持ち上がりました。
というか、提案したのは僕でした。

そのイベントを開催するにあたり、役割分担をして、
僕の役割は、PS3本体と桃鉄のソフト の持参係。
ある意味、最重要任務です。
なので、前日からきちんと準備をして、
カバンに本体とケーブルとソフトを放り込みました。

ですが、当日、意気揚々とセッティングをしていたのですが、
その瞬間、あることに気づきました。
気づいた瞬間は、そんな忘れ物をする自分を信じられず、
認めたくないものだな(ryって感じでした。



この人、コントローラーを忘れているよ・・・



わたしって、ほんとバカ。


どうしようもないので、相談した結果、
その後は、電気屋を巡るのでした・・・。
PS3のコントローラーって売ってる店、少ないね。 

今日は奥様が帰ってこない日。
パンツ一枚で部屋を歩き回っても怒られない。
晩飯をラーメンだけで済ませても文句言われない。
つまり、僕は自由の身なのです。 


そんな中、 進撃の巨人の映画を見に行ってました。
評判が悪い実写版ではなく、アニメの後編。
新婚生活やら、新婚旅行で見れてなかったので、
上映が終るギリギリに、隙を見つけて遂に見に行けました。


見終わってみると、良質のエンタメ作品だと思う。
前編の、巨人に人類の叡智を集めて立ち無う展開の方が好きだし、
巨人VS巨人は、他のバトル作品と差別化が出来ていない感もあるけど、
それはそれとして、純粋に面白い。
八割方、設定の勝利で、残る二割は演出の勝利。
立体起動装置は純粋にかっこええわ。


またアニメが続くのが楽しみです。
その頃には、生活も落ち着いている・・・はず。 

↑このページのトップヘ