little trip(跡地)

ぬるっと生存記録

2014年09月

おととい書いたとおり、心臓に爆弾があることが判明しましたw
たまーに心臓周辺が痛いことがあったので、
原因と対策と状態が分かり、ある意味で良かったかなと思うところ。
別に日常生活に支障ないし。


だから日常生活も変わるわけがなく、
今日も健康のため、ジムでアニソンを聞きながら、自転車をこいてました。
ランチパック曲はテンションがあがって、実に良い。 
ZEROのゆいにゃんverとか、ほんと元気出る。


ただ、自転車をこぎ始めると、心拍数が気になって仕方ないのですw
120を越えるなと言われているので、
行くな、越えるなと、心拍数を意識してチャリを漕ぐわけですが、
意識すぎて、運動以外のドキドキで心拍数があがってる気がするw
やりすぎると死ぬでと脅されてるしw


というわけで、意識過ぎるとダメな僕を再発見ですw
パワプロ的には、チャンス×持ち。
某球団的には、辛いさん?

齢31。
社会人としては中堅どころであり、使い勝手がよいお年頃。
一方、体力的には人生のピークを越えました。
これから死に至るまで緩やかな下降が始まり、健康管理はしっかりしたいと思うところ。
その矢先のこと。


健康診断で引っかかりましたw


心電図でブルガダ型と診察されて、医師の所見を~的なコメントが入ってました。
怖くなった僕は、さっそく医者にかかってみました。
そのために毎月の社会保険料を払ってるのですw



「健康診断でこう言われたんですが、これって何すか。」

「心臓が調子良くないけど、自分、マラソンとか激しい運動しないでしょ?
 日常生活を送る分には、へーきへーき」 

「来週、KOTOKOライブ行くんですけど、大丈夫ですか?」

「誰それ?AKBみたいなやつ?飛び跳ねたりする?」

「だいたいそんな感じっす。ガチ跳びますねー」 



「跳びすぎたら死ぬで」



「・・・マジすか」

「マジやでー。下手したら心筋梗塞起きるやでー。気つけやー」



あんまり笑えないけど、笑うしかない状況になっていましたw
心拍数が120ぐらいで跳びはねる分には、健康的で良いらしいのですが、
心拍数が150を越えると、危ないらしいですw

ま、生命に関わる事態じゃないし、今度のライブはおとなしくしています。
生きてるだけで、丸儲けです。
命あってのヲタ活動ですよww 

ヲタグッツ界隈では、よく、実用、保存用、観賞用なんて聞きます。
あるいは、そこに布教用って単語が入ってきたりも。

かつて、若かりし頃のワタクシは、実用と保存用までは頑張って準備して、
少ないお小遣いをコスパ悪く使っていた時代がありました。
今でも思い出すのが、
あかりの下敷きが1枚1000円で売っていてたのを見ては、即座にそれを2枚買い。
当時の可処分所得的に、あれはまさに狂気の沙汰でした。


しかし、最近はもう大人です。
精神的にも落ち着いてきて、1つで実用と保存用を兼用している感じです。
結果、半分ぐらい未開封w
特にあやせ関係はもったいなくて開封できません。
じゃあ2つ買えって突っ込みもきそうですが、複数買いは悪、それが俺のジャスティス。


なので、こんなことはあってはならないのです。


CIMG4258



あああああああ・・・・・・。
かな恵たそのシングルが2枚も手元に。
どうも注文したことを忘れて、また注文してしまった模様。 
注意してよ、唯一関西資本の家電量販店・・・orz


とはいえ、CD売上げが2000枚を切っているみたいだし、
少しでも貢献できたと思えば、そんなに悪い気分でもないかな。
買い支えないと、マジで音楽活動終わっちゃいそうだし、
作ってる曲のクオリティを考えると、ここで音楽活動を終わらせてはいけない。 
いや、マジで。 

内々に色々と事件が起きています。
この週末もプライベートでプライベートじゃない出来事が色々と。
詳細はまた追々。


とりあえず寝ます。 
おやすみなさいー 

あちらを立てれば、こちらが立たずということはよくあること。
そこを波風立てず、上手いことすり抜けるのがデキるリーマンだと思いますが、
とはいえ、やっぱり出来ないことはできないのです。


手元に ある2種類のチケット。
1つは9月20日 阪神-中日 外野指定
1つは9月20日 KOTOKO先生ライブ


さあ、どっちを取るかが問題です。
数ヶ月前から悩んでいたわけですが、
やきうを取るか、KOTOKOを取るか、両方とも中途半端に取るかの3択。
現実的には、やきうとライブのダブルヘッダーなんて死ににいくようなもんだけどw


で、決めたわけです。


KOTOKO先生ライブは次回があるか分からない。
野球は来年もある。


もし優勝決定試合になろうものなら、優先順位は逆転したりもしますが、
悲しいことに、今日も昌さんに負けてるなあ。
何回やっても何回やっても、山本昌がたおせーないよー。 
と、嘆きながら歌うような状況では、KOTOKO先生に会いに行くのが得策。

今回は予習なしで行ってみます。
3日後に奈良もあるしねw 

↑このページのトップヘ