little trip(跡地)

ぬるっと生存記録

2014年07月

と、書くと昨今では、電さんを連想される向きも多いですが、
あくまで僕は葉鍵世代。
マルチ以外、ありえません。

そして、某シーンのマルチのごとく、今、まさにテンパってます。
困った。社会人って大変。
はわわわわわわわわわわわわわわわわわ~

それは屋外でビールを飲みながら。

土曜日、自称「退廃的な飲み会」 が開催され、
好き勝手に飲み食いした挙句、1エロゲ以上もぶっ飛ばしましたw
そのお店はテラス席みたいな感じでお外にも席があって、
そこを占拠しては、アイマスやらKOTOKOやらだーまえをBGMにビールを嗜む。
ついでに鯵のマリネを摘む。
夜風も心地よく、アニソンを聞きながら外で飲む酒は風雅な味わい。 
またやりたい。


で、そのうちに曲名あてクイズが始まる。
多くは10年(以上)前のアニソンゲーソン声優ソン。
オッサンです。回顧厨です。
三十路も過ぎたし、そうなるのはしゃーない。


いくつか流れた後、耳なじんだこの曲が流れる。
懐かしいような、泣きたくなるような、そんな感じ。
(元)葉鍵っ子達が曲を聞き入る。
同時代を生きた同世代にしか伝わらない感傷がそこにありました。

すきま時間や暇なときを見つけては、ちまちまとエロゲをやっています。

先日、某候補者と卓を囲んでは、

「最近エロゲやってないなあ」
「なかなか時間ないしなあ」

という話もしましたが、
1ルート終わらせるのにも時間がかかるってのが目下の課題。
ハロレを終わらせたら、クロデもやりたい。


というわけで、ハロレのエルルート。楽しかったです。 
軽く壊れた会話のやりとりはライターさんの言葉選びのセンスが光る。
ひねくり回したテキストと言葉遊び。
それをボイス付きで味わえる。
文章+2次絵+ボイス+音楽=総合芸術。
何やかんや言ってエロゲと僕の相性は良いんだなあと再確認。

あと平らなロリっ子に攻められるシーン。
特に1回目のエチシーンは久々にctrlを押さずに、まじまじと読んでしまったw
やっぱり金髪ロリはええですわ。

物語としては、イントロは重厚な復讐劇のはずだったのに、
最終的に中2ラノベ的になった結末は物足りないところ。
最終ルートでは、ちゃんと主人公は初志貫徹するよね、よねっ。 

仕事やなんやらで、行けるかどうかまだわかんないんだけど、
疲れて思考能力を欠く今、ノリと勢いでチケット取っちゃったw
マックス脳みそが沸いてるときは、(瀬戸内)海を越えるぜええって思ってたりもしたけれど、
誰かが「次の日仕事だよ」って、僕に給与労働者-宮仕え-の現実を教えてくれるんだ。


ま、大阪と奈良のチケット取ったし、いいかな。

5年ぶりぐらいにメガネを新調してみました。
メガネヲタにとって、メガネは命の次に大事なものなので(ガチで)、
JINSとかの格安店では、どことなくなんとなく怖い。
というわけで、ちょっとだけ奮発し、メガネは昔からある眼鏡屋さんで買っているところです。

先週、ふらっと行って、ふわっと買ったわけですが、メガネのお値段って不思議ですね。 
4エロゲぐらいのメガネが30%引きになっていました。
そこに株主優待券を差し出しました。
さらに30%引きになりました。
4エロゲ×0.7×0.7≒2エロゲ 

つまり、元々の値段の半額以下。

○○%引きという割引率の表示については、
昨年、うざいぐらいにメール送りつけやがる某市場さんが話題になっていましたが、
○○%引きと表示するには一定期間、元値で売ってたことが条件だとか。

そう考えると、このメガネさんも過去、4エロゲで売られていたと推測されるわけですが、
半額で売ってしまえるあたり、定価って何だろうなあと思ってしまいました。
衣料品であれば季節ものだし、会計処理的に、とっとと売りたいのは分かりますが、
メガネもそんなもんなんだろうか。

まあ、僕的には予想以上に安く手に入れられたので、不満はありませんw


・ コメントとか
伏線回収全力でしたね。 
わたしも助手くんもこっそり名前が判明してますし、 
人類はほんとに衰退してましたし、 
スタートレックネタとか小ネタも満載ですし。 
とりあえず私も既刊で未来を含む時系列や機械を扱ったものは読み返そうかなぁと思ってます。
人類の衰退っぷりが素敵でした。

改めて1巻を読み直そうとして、あとがきだけで満足した僕がいます。
ロミオ先生の単語チョイスが最高すぎる。
あとがきだけ全巻読破しましたw

↑このページのトップヘ