新年、あけましておめでうございます。
低空飛行を続けている本ブログですが、
ぬるーくお付き合いいただければと存じます。 

さて、正月も終わってしまう中、 この世界の片隅にを見てきました。
広島を舞台にした戦前戦中モノ。
元歴史学徒としては、当然、興味を引かれるものでした。


以下、ネタバレとかあるかもです。

見終わった後、中々、自分の感情・感想を整理できませんでした。
1本の映画に、恋愛、家族、戦争など色々な要素が詰まっていて、
パッと一言で語るのが難しい映画という印象。
「良い」「悪い」という2分類では「良い映画」に分類できるけれど、
感想を語ろうとすると、とたんに言葉が出なくなる。


結局、この映画って、アニメという創作の物語だけど、
一人の人生を描いた擬似的なドキュメンタリーなんだろうなあと思った。
昭和初期という舞台設定をしたので、戦争という要素が浮き彫りになるけれど、
そこに何かしらのメッセージ性を特別に込めているわけではない。
人の人生を「面白い」とか「泣けた」とか評することができないように、
この映画も単純な感想で語ることが難しいのかな、と。

昭和初期の人なら、おそらく劇中で描かれたのと似たような経験をしてて、
「僕らの祖父母が生きた時代はこうだったんだなあ」
 と、小難しいことを考えずに、受け止めてたらいいんじゃないのかなあ。
戦前戦中を知ることに意味がある。
そんな風に、自分の中では整理している感じです。