悠那ルートおわり。

共通の暴言ラッシュには好き嫌いの分かれそうなキャラ造形だけど、
個人的には好きなタイプのキャラ。
「死ね害虫!」で育った僕らの世代は少々の暴言はご褒美にございます。
ただ、ストーリー的に「萌え」という感情は生まれにくくて、
悪友タイプからの発展した感覚で女子感に乏しいのが残念なところ。
姉御肌で、女子高の王子様ポジション。


悠奈が自分の恋愛感情を認識したあたりから、
くっ付くまでの展開はベタベタながらかわいい。
二人の距離感もいじらしい。
このあたり、瞬間最大風速的な萌え要素は結構あった感じ。
ただ、中盤以降については悠那カッコいいの一言。
主人公は何もせず、問題が解決するのは物語としてどうなんだと思いもするけれど、
変なgdgdシナリオを読まされるよりはよっぽどマシかなw


年齢のせいかエロ要素への執着が薄れてきているけど、
回数も密度も濃かったし、萌え抜きゲーとしては悪くない印象。
従来の緑茶作品にくらべて、緑茶感は薄いけど、
ラブコメとして、自分的エロゲ復帰作第一弾としては楽しかったですねー