この正月。
時流に乗ってスターウォーズを見たかったのですが、
ツタヤに行っても、ゲオに行ってもレンタルできず、
その代わりに、エロゲにも出てる声優さんが出てるアニメを借りました。



クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲



色んなところで、泣ける泣けると聞いていたので、
この機会にということで、奥様と二人で見ておりました。


結論から言うと、泣ける泣けると言われている意味はよく分かりました。
完全に、子連れの親を狙ったコンセプトで、
事前情報が無いまま無防備に映画館で見たら、確かに泣けると思う。
大人の心の弱いところを優しく撫でてくる感じで、
家で見てても、しんみりしそうな部分もありました。


ただ、好き嫌いで言うと、好きじゃないなあというのが本音。
クレヨンしんちゃんの世界観で大人を泣かせる映画を作ってどーすんの。
と、屈折した僕は思ってしまう。
あの内容で、子供が楽しめたのか、ちょっと心配してしまったり。
クレしんは、子供が素直に楽しめるエンタメであって欲しいなあ。


まあ、元々はゲスい大人漫画だったけどw