お仕事の一環で、民間の企業の方と一緒に仕事をすることになりました。

役所界隈で仕事をしていると、
民間企業との関係は、許認可をしたり、
あるいは補助金を出したりするような一方通行の関係が多くて、
どうしても、ある種の上下関係が出るような感じになります。

ただ、今回は珍しく、一定の契約関係はあるものの、
一緒にプロジェクトを進めていく流れで、割と新鮮な感覚。
対等のパートナーという感じ。
役所のロジックで物事を進めず、効率性重視で仕事を進めていくことに
ほどよい緊張感を覚えながら仕事をしている状況。


官庁の仕事の進め方には、それはそれで『ある種の合理性』はあるけれど、
妙な根回しがいらず、物事がサクサク進むのは楽しい。
プロって、こーゆーもんなんだと思いました。