というわけで、ゆるゆりさんの映画感想的なもの。

そこまで原作に思い入れがあるわけでは無いけれど、
ごらく部メンバーが2年ぶりに動いてるのを見た瞬間、 それだけで割と満足。
開始5分ぐらいで、なんとなく値段分は回収できた感じw


で、内容。
ゆるゆりってギャグと百合で構築されていると思うんだけど、
映画は百合要素が強めに出ている印象。
ベタベタというか、狙いすぎなぐらいw
好きなカップリングがある方は、心から満たされると思われます。

ただ、僕の場合、ゆるゆりは可愛い女の子が登場するギャグ漫画と思っているものの、
そこまでギャグ要素が強くなくて、ちょっと物足りない感。
京子ちゃんの暴走っぷりを期待していたので、そこは残念かなあ。
あかりんイジリも無かったし。


3期がある可能性は低いけれど、
今までの御礼も含めて、お布施と考えれば納得できるかな。