little trip(跡地)

ぬるっと生存記録

GWの延長戦の日。
何をするでもなく過ごすのにも飽きて、
ふと立ち寄った本屋で河合荘の9巻を発券する。
この手の続き物を読むときは、前の巻から復習するのが僕のセオリー。

8巻をプリンを食いながら読み、9巻を読み進める。
ページをめくるにつれ、 湧き上がる予感と期待。
そして後半、それが具現化した瞬間。
僕は萌え死した。
久々に物語を読んでて幸せな気持ちになりましたよ。

やっぱり萌え文化っていい。
忘れていた色々なものを思い出させてくれる。
萌え的な意味でも、私生活的な意味でも。

今日の晩御飯は気合を入れて作ろうっと。

コナン好きな奥様と、コナン映画を見てきましたよ。
個人的には、コナンよりYAIBA派で、
どさくさに紛れてアニメの続きやって欲しいところ。
無理かなあ。まじっく快斗やるなら行けるだろと思うんだけど。

で、映画ですが、頭空っぽにして楽しめるエンタメに徹した映画でした。
スケボーでぶっ飛んだり、バイクでぶっ飛んだり、
ブランクあるのにカルタ無双したり、全員の大阪弁があやしかったり、
突っ込みどころは腐るほどありますが、面白いから良いんじゃん。
爆発はエンターテイメントの王道。
色々とぶっ飛ばしとけ。細かいことはいいからぶっ飛ばしとけ。
そのノリは嫌いじゃないよ。

あとは大阪の知ってる風景が出たのが、
ひっそりと好感度上昇に寄与している感じ。
ニューオータニも府警本部も行ったことあるから、ちょっとテンション上がる。


そんな感じで楽しめた映画でした。

職場に愛媛出身の人が来ました。
仲良くなるため、何人かで当たりさわりのない地元トークをしてたところ、
ひょんなことから地元出身の有名人の話題となりました。
愛媛出身の有名人といえば、
真っ先に新居浜出身の阪神ファンの声優が思い浮かぶのです。 
紅白歌手だしね。


ただ、チキンな僕は自分からは口にしません。
誰かが言ってくれるのを待つのです。言われければ諦めるのです。
しかし、「水樹奈々も愛媛出身なんですよ。」と、彼は言ってくれました
ある意味、待ち焦がれた瞬間でした。


だが、ここはヲタクがいない部署。



「その人の凄さ、よく分からないんですよねー」 
「てゆーか、誰?」



そんな感じの会話しか生まれませんでした。
ああ、何と生きずらいこの世界。
やっぱり、とっとと異動するしかないね!!! 

と、改めて決心をしたのでした。 

↑このページのトップヘ