little trip(跡地)

ぬるっと生存記録

義理の妹。
この言葉は、同世代の誰よりも聞いた自信がある僕です。
思い出す定番どころは、みずいろの雪希ちゃんorDCの音夢。
「妹ブーム」という冷静に考えると、頭のおかしいムーブメントが沸き起こり、
以降、雨後のたけのこの如く、乱発されたのは皆様ご存知のとおり。

当時は時流に乗って、「義理の妹マジ欲しい」とか言ってた僕ですが、
今となっては、それはもう昔の話。
今ではリアル義妹がいる僕です。
といっても、単純に奥様の妹様なので、萌えもしなければ萎えもせず、
というか、そもそも、そーゆー対象の方ではありません。


そんなことを考えていると、自分も年をとったなあと感じるわけです。
20代前半の勢いはどこに行ったのか。
当たり前でもあり、寂しくもあり。

まあ、結婚した身で、萌えるリアル妹を手に入れようなんて無理だよね。
もうすぐアラフォーになっちゃうし、
やっぱり後輩とか、そういう路線で萌えを探さないと!w

某高校時代のお友達から、結婚式の招待状が届きました。
彼の人は葉鍵時代からのヲタで、最近はデレマスやらに走っているとか。
そんな彼が、以前、こんなことを言っていました。

「水瀬いのり、めっちゃ良いで~」

そのことを送られた招待状で思い出し、
なんとなくデビュー曲の視聴曲を聞いてみた。



めっちゃええやん。
ほんとええやん。



これはアルバムを買って、ライブに行きたいなーとか思っていたら、
昨日、1stライブが発表されるという僥倖。
東京だし、時期的に色々とあるけれど、出来る限り何とかしたい。
夢のつぼみ、生で聞きたいわー。

というわけで、今月2回目のライブに行ってきましたよ。
今回の席はアリーナ前から6列目、ただし一番端。
良いのか悪いか評価が分かれそうな席ですが、
個人的には、もっと後ろでもいいから真ん中当たりが良かったw

ただ、adrenaline!!!とHigh Free Spiritsが目当てで行って、
その目的は成就したライブでしたねー。
特にHigh Free Spiritsが過呼吸になりそうなほど盛り上がって、
30代中盤の体は飛び続けるのが限界に達したw
やっぱりライブは楽しい。

あとは、ソロ枠の雨宮天のirodoriが中々に良い。
歌ってる表情がアダルティでエロい。汗がエロい。
曲も歌謡曲の現代曲アレンジって感じで、中々、面白かった。

惜しむらくは帰りの時間が迫ってて、僕の集中力が中途半端だったことかな。
やっぱりライブは時間を気にしたらダメだわ。
船で帰るのは楽だったけどね

↑このページのトップヘ