little trip(跡地)

ぬるっと生存記録

水樹先生のライブに行ってきましたよ。
いつもお世話になってる某氏ルートではなく、
ネット経由の別ルートでチケットを入手。
俗に言う、チケットなんチャラ的な。


で、会場入りして、席に付こうとした瞬間、
「この席は転売チケット」とか言われて、スタッフの方につまみ出されましたw
ライブ会場、滞在時間わずか1分。
強制退場。


まあ、転売問題が色々と言われる中、
こーゆーリスクがあるってのは良い勉強になりました。
まぁ、仕方ない。
遠征だったら目も当てられなかったけれど、
このライブに対するモチベーションもそこまで高くなく、
ダメージではそこまで大きくないかな。


ただ、女子中高生ぐらいの子も一緒にドナドナされていて、
その子らの金銭感覚を考えると、可哀想だなあと思った。 
リーマンになると1万円ぐらい致命傷にはなりませんが、
10代の頃だと、かなりキツイよね。

転売を規制するにしても、買った側だけが損するって手法は、どないかならんかなあ。
売った側もファンクラブ除名などの罰則があるならいいんだろうけど、
そこが分からんから、もやっとする。 

お尻に出来物ができました。
その状況で座り仕事を1日続けました。
悪化しました。
その次の日も座り仕事を1日続けました。
当然、さらに悪化しました。


そして、座ることがしんどい状態に。
尻が限界に達したのです。

どうにもこうにもならなくなって、
薬局に行って、薬やらガーゼやらを揃える。
ガーゼに薬を塗って、体に貼り付けるわけですが、
自分では尻-患部-に貼れない。


選択肢は一つ。
-----奥様に張っていただく


ズボンを下ろし、パンツを下げ、ケツを奥様の前に出す。
何やかんや言いながらも張ってくれる奥様。
男として大切な何かを失い、新たな何かを得た感じがありました。

結婚って、こういうことなんだw 

去年の夏ごろ、ネットワークプレイヤーに手を出してみました。

そのころはヘッドホンで聞くことを想定していたため、
『スピーカー何それ? 澪フォンW1000があれば十分だぜえええ』
とか思っていたわけです。

ただ、やっぱりヘッドホンは面倒くさい。
エロゲするには、音漏れないし、耳で囁かれてる感じで没入感が最高なのですが、
しかし、音楽を聴くにあたって重くて、邪魔なのは少し否定できません。


なので、スピーカーを買ってみたのです。
オンキョーのGX-100HD
衝動買いに近くて、ほとんどノリと勢い。
始めは5K円ぐらいで考えていたのに、気が付くと大幅に予算オーバー。


だけども、値段相応の価値は合った感じ。
テンション高めの曲はヘッドホンの方がいいけど、
透明感のあるキレイ目な曲はスピーカーの開放感が心地よい。
適当に流してたストレイトシープがめっちゃ気持ちよく聞こえる。


こうして、また一歩、危険な方へ足を踏み入れてしまいましたw
この後、オーディオに目覚めたら死ねるwww 

↑このページのトップヘ